矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。

 

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。

賃貸事務所、今すぐ
http://new-of-search.jp
賃貸事務所は当サイトへ



矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:2018年04月16日

わし達夫婦の愛する女の子は、1歳5ヶ月になりました。

生まれてから丸一年と5ヶ月が過ぎたわけですけど、
その間、ずーっと、わしや奥さんをはじめ
おじいちゃん達、おばあちゃん達に
「かわいい、かわいい」と言われながら育ってきています。

父母バカなのは大目に見ていただくとして、
普通、同じものを一年以上も同じ気持ちで、
あるいは、その気持ちを成長させながら
持ち続けることは難しいものですよね。

美人はみっかで飽きる…なんて言葉もあるように、
どれだけ良いものでも、
単一的な見方ではどんなに良いものでも
必ず飽きが来て退屈してしまいます。

でも、子どもの成長はすごく早いんですよね。
昨日まで出来なかったことが、ある日突然出来るんです。

その変化に驚かされ、そして、その変化に
「すごいなあ」と「かわいいな〜」が続いていきます。

父母から言えば、早く成長してくれるのは嬉しいけれど、
子どものかわいらしさが変わってしまうのは
惜しい気もします。

2歳になる子どもを持つ友人がしみじみ言ってました。
「歩き始めて色んなことを自分でし始めると、なんか無性に寂しくなる…」

もっと大きい子どもを持つ友人が言ってました。
「初めて幼稚園に子どもが行った日は、こっちが寂しくて泣かされたわ」

子どもの成長を見ていると
「今、この瞬間」に対する思いは深まります。

最近わしがよく思うのは
「1歳5ヶ月の女の子は今しかいないんだな」ということ。

それと同時にわしの奥さんに対しても、
周りの人たちに対しても、自分自身に対しても、
「今の○○は、今しかいないんだな」
ということに気付かされます。