レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。

 

まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。



レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:2018年02月23日

みなさんは
「国立病院ダイエット」というダイエット法を、
聞いたことありますか?

これは、
カンボジアの
肥満治療を行なっているクリニックが提唱したという説や
カンボジアにある国立病院で提唱されたという説などがありますが、
はっきりとわかっていません。

日本の国立病院では、
このダイエット方法は全く無関係であると言っています。

また、
国立病院ダイエットには
おかしな点もあります。

この国立病院ダイエットとは、
どのような方法なのかというと…

と二週間いう期間の中で
決められたメニューだけを食べ続けるという
ダイエット法です。

主なメニューは
ゆで卵、グレープフルーツ、ブラックコーヒーなどで、
かなり栄養が偏っていますよね。

これを食べ続けることで、
体内組織が化学変化を起こして、
太りにくいからだになるということなのですが、
実際にはあり得ないことだそうです。

かなり怪しいダイエット法だと思いませんか。

実際に
このダイエット法を試してみた人の話では…

二日間は頑張ってみたそうですが、
3日目頃から血糖値が急激に下がってしまい、
震えがするなど、からだの調子が悪くなってしまったそうです。

その結果、確かに痩せたそうですが、
かなりやつれてしまい、
全く美しさがなくなってしまったとのこと…

この国立病院ダイエットのほかにも、
怪しい危険なダイエット方法はたくさんあると思います。

提唱者が不明なものや
内容がおかしなものは、決して試してみたりしない方がいいと思います。

からだを悪くしてしまっては、
元も子もないですもんね。