レーシックの前には適性検査

レーシックの前には適性検査



レーシックの前には適性検査ブログ:2015年04月14日


減量を挫折する理由の
ナンバーワンともいわれる減量の停滞期!

停滞期を上手に乗り切って、
減量を成功させるためにも
停滞期の周期を把握しておきましょう。

減量の停滞期とは…

何らかの減量を行うことによって
今まで身体に蓄積されていた脂肪がなくなると、
身体は減った分の脂肪を補おうとします。

そうなると基礎代謝も下がってしまい
脂肪燃焼力も下がるので、
同じように減量を続けていても
体重が減らないといった現象が現れるわけです。

停滞期と減量期は交互に訪れますから、
停滞期の周期を把握して、
この期間にできるだけ代謝を上げるように
心がけることが大切になります。

停滞期の周期を把握するためには、
自分の体重減少状態はきちんとメモし、
グラフにしておくと良いでしょう。

停滞期には個人差がありますが、
一般的には
三週間~1ヶ月前後が
周期といわれています。

停滞期は個人によって期間が違うので、
あせらず今までどおりの
減量を続けるようにしましょう。

停滞期に体重の変化を気にしすぎると、
ストレスとなり
やけ食いなどの原因ともなってしまいますよ。

せっかく減った体重が元に戻ったり、
それ以上にリバウンドしてしまっては
これまでの努力が水の泡!

停滞期と上手に付き合うことが
減量を成功させるコツですから、
自分の周期をしっかり把握しておきましょう。

減量を着実に続ければ、
停滞期と減量期を繰り返しながらも、
必ず目標体重に近付いていきます。

思うように体重が減らないからといって
減量を諦めてしまわないようにしましょうね。

明日はいい日かな~
レーシックの前には適性検査

レーシックの前には適性検査

★メニュー

レーシックで乱視の治療も可能
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
口コミサイトを活用してクリニック選び
交通費を補助してくれるクリニック
ドライアイとレーシックの関連性
レーシックの前には適性検査
矯正された視力の維持は保証出来ない
保証制度の有無を確認しよう
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
レーシックでのリスクを理解しておこう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックまるわかり情報ステーション