レーシックで乱視の治療も可能

レーシックで乱視の治療も可能


レーシックで乱視の治療も可能
数年前のレーシック手術におきましては乱視治療を行うのは難しいこととされていました。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。

レーシックの技術が次第に進歩してきたことによって、乱視の矯正も出来るようになりました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。近視の治療としまして非常に大きな効果を実現することの出来るのがレーシック手術となります。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。




レーシックで乱視の治療も可能ブログ:2018年08月09日

基礎代謝を上げることが、
ダイエット成功への近道のようですね。

基礎代謝を高めるには、いくつかの方法があります。

まず、
筋肉量を増やすことで基礎代謝を高めることができます。
出来ることから始めて、
適度な体操で脂肪を燃焼しやすいからだづくりを心がけましょう。

例えば…
日頃から姿勢を正し無駄な脂肪をつけないようにする
腰回しや腰回しなどで筋肉をつける
エスカレーターを使わずに階段を使う
毎日半時間程度歩く
…といった感じです。

ところで、読者様は、
夏より冬のほうが
基礎代謝が高くなるって知っていますか?

夏は気温が高く、
からだの中の熱を発散させて
体温を下げようとするので、基礎代謝は低くなります。

逆に冬は冷えたからだを暖めようと
熱を産出するので、基礎代謝が高くなるのです。

このように
基礎代謝には体温を維持するエネルギーが含まれるので、
体温を上げてそれを維持しようとすることで高まります。

ですから、
冷え性は大敵です。
冷え性の方は、ウエストまわりや足首を冷やさないようにしたり、
お風呂に入ってからだを温めたりして
冷え対策をしてみてくださいね。

また、
食べる事をすると安静にしていても代謝が高まり、
エネルギーを発生します。

食べる事を抜いてしまって低栄養の状態になると、
からだの細胞の活動力が減退し
基礎代謝は低下してしまいます。

特に冬は、
からだを温めてくれる作用のある
唐辛子や生姜、ネギ、根菜などを
料理に取り入れると効果的です。

食べる事は一日3食きちんととり、
とくにあさ食をしっかりと食べると、
体温が上昇し、基礎代謝アップにつながりますよ。



レーシックで乱視の治療も可能

レーシックで乱視の治療も可能

★メニュー

レーシックで乱視の治療も可能
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
口コミサイトを活用してクリニック選び
交通費を補助してくれるクリニック
ドライアイとレーシックの関連性
レーシックの前には適性検査
矯正された視力の維持は保証出来ない
保証制度の有無を確認しよう
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
レーシックでのリスクを理解しておこう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックまるわかり情報ステーション