交通費を補助してくれるクリニック

交通費を補助してくれるクリニック


交通費を補助してくれるクリニック
全国にレーシックのクリニックを展開している有名な眼科医院の多くが交通費の補助制度を採用しています。
補助金が支給される条件や金額はほぼ共通しているので上手に利用されると良いかと思います。

レーシックの交通費支給というのは、クリニックの県以外のところから通院される方が対象となります。
どんなに遠方だったとしてもクリニックがある県の場合は支給の対象外となるのでご注意ください。レーシックを行う患者さんの負担を少しでも緩和するためのサービスというのが最近では非常に充実しています。
クリニックの中には遠方から訪れる患者に対し交通費を補助してくれる制度を設けているところもあるので確認をしてみると良いでしょう。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。




交通費を補助してくれるクリニックブログ:2018年04月24日

去年の初め頃、
「とにかく今から行くから」と母からメール。

結婚してからあまり顔を見せていなかったけど、
何か母の様子がいつもと違う…

その少し前にも
ぼくが勤務する旅行会社の窓口に突然お父さんが現れ
「たまには帰ってこい」
そう言って帰って行った。

だけど、ぼくは「ま、いっか」と
そんなに気に留めずにいた…

メールを受け取ってから30分後、
すしとショートケーキを持って
母がやってきた。

他愛ない会話をし、いつも通りの明るいお茶目な母。
そんな母と話をしているうちに、
急いでぼくに会いに来た理由を聞くのも忘れて
ぼくは畳の上にごろんと寝転がってくつろいだ。

…と、その時母が
「実は言っておかなアカン事があるの」
と切り出した。

怖くて聞きたくないけど、聞きたい。
ぼくは語気を荒げて母を急かした。
「何?どうしたん?何よ?」

「実はね、お母さん癌になってしまってん。
でもちゃんと治療するし、大丈夫やから心配せんといてね」

ぼくは、一瞬理解が出来なかった。

しばらくして
「お母さん、死なんといて」と
ぼくは泣きじゃくってしまった。

「大丈夫!大丈夫!」と母は笑う。
ショックなはずなのにいつもと変わらず笑っている。
「驚かせてごめんね」と言いながら…

あれから一年…
母は辛い抗がん剤治療と手術を乗り越え、
今二ヶ月になるぼくの息子を抱いている。

元気になってくれてありがとう!
おばあちゃんになってくれてありがとう!

ぼくも母になり、
あの時泣きじゃくったぼくの前で大丈夫と笑った、
強い母の気持ちが今は少しわかる気がする。
交通費を補助してくれるクリニック

交通費を補助してくれるクリニック

★メニュー

レーシックで乱視の治療も可能
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
口コミサイトを活用してクリニック選び
交通費を補助してくれるクリニック
ドライアイとレーシックの関連性
レーシックの前には適性検査
矯正された視力の維持は保証出来ない
保証制度の有無を確認しよう
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
レーシックでのリスクを理解しておこう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックまるわかり情報ステーション