ドライアイとレーシックの関連性

ドライアイとレーシックの関連性



ドライアイとレーシックの関連性ブログ:2018年01月07日


コンビニに行けば、
おいしそうなスナック菓子がずらりと並んでいます。

チョコ、アイスキャンディーはもちろんこと、
季節の変わり目には、おいしそうな新作が発表され、
ついつい手が伸びてしまいます。

ですが、そこでストップ!
減量をしたいのなら、
そういったスナック菓子は控えるべきなんですよね。

なぜなら、スナック菓子は油分がたっぷり含まれて、
高カロリーであるにもかかわらず、
ビタミンがほとんど含まれていないからです。
まさに減量の大敵なんです。

「おやつは一切抜き!」が理想なんでしょうが、
やはり甘い物を口にしたいときもあるでしょう。
そもそも我慢をするとストレスがたまり、精神的にもよくありません。

わしは、減量中でも
おやつを食べてもいいと思っていますが、
おやつの「種類」には気をつけています。

食べていいおやつは、
「スナック菓子」ではなく「フルーツ」なのです。

フルーツは、低カロリーでビタミンも豊富に含まれています。
そのわりに大きな固形物のためお腹がふくれやすく、
満腹感を得られやすいのです。
フルーツに含まれる果糖は、砂糖とは違って、
満腹感が持続しやすいという特徴もあります。

少量で低カロリー、ビタミンが含まれる上、
お腹がふくれやすいのですから、
これほど減量中に最適なものはありません。

わしはいつもおやつを買うといえば、
近場のフルーツ屋です。

たまたま歩いて3分のところにフルーツ屋があるので、
お腹がすいたときには、
コンビニではなくそのフルーツ屋へ行っています。

安くて品揃えがよく…
ミカン、バナナ、リンゴ、パイナップル、カキ…など、
お腹がすいていると、どれもおいしそうに見えますよ!

ドライアイとレーシックの関連性

ドライアイとレーシックの関連性

★メニュー

レーシックで乱視の治療も可能
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
口コミサイトを活用してクリニック選び
交通費を補助してくれるクリニック
ドライアイとレーシックの関連性
レーシックの前には適性検査
矯正された視力の維持は保証出来ない
保証制度の有無を確認しよう
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
レーシックでのリスクを理解しておこう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックまるわかり情報ステーション