ドライアイとレーシックの関連性

ドライアイとレーシックの関連性



ドライアイとレーシックの関連性ブログ:2017年10月26日


一定の時期に食べることをやめる断食減量は、
すぐに痩せたい人にとって、
魅力的な減量法かもしれません。

でも、俺は断食減量って良くないと思うんです。

確かに何も食べなければ、体重は減るでしょうが…
同時に俺たちは食べることによって、
生活していくために必要な栄養素を摂取しているんですよね。

それを一切受け付けないということは、
一過性のものとはいえ、後々俺に影響するとも限りません。

みなさま、食べないとどうなりますか?
ウエストがすいてきますよね?

ウエストがすいてくると、動くのも億劫に感じませんか?
出来るだけ動かないようにして、ただひたすら空腹に耐える…
こんな経験をしたことがありませんか?

動かない減量というのは、
実は一番いけない減量法なんですよね。
動かないと筋肉がどんどんなくなってしまいます。
そしてからだに残るのは脂肪…

これでは、基礎代謝は落ち、
からだも理想的なものではなくなる…といった風に
減量の目標を完全に見失ってしまいます。

もし、医者などのからだの専門家がついてくれるというのなら
別に断食減量を止めはしません。

でも、雑誌で見たからといって、
見よう見まねで断食減量を試みようとしているのなら、
「そんなことはやめなさい!」と言いたいですね。

筋肉が落ちて、代謝が下がった状態になっているにも関わらず、
痩せたからといって、安心して元の食事に戻したとします…

すると、あっという間に元通りのからだに戻ることは、
もはや想定の範囲内!
いわゆる「リバウンド」ってやつです。

リバウンドなしで理想的なからだを手に入れたいのなら、
適度な食事と適度な運動を継続的に続けていくことが、
最も確実で、最も手っ取り早い方法なんですよね!

ドライアイとレーシックの関連性

ドライアイとレーシックの関連性

★メニュー

レーシックで乱視の治療も可能
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
口コミサイトを活用してクリニック選び
交通費を補助してくれるクリニック
ドライアイとレーシックの関連性
レーシックの前には適性検査
矯正された視力の維持は保証出来ない
保証制度の有無を確認しよう
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
レーシックでのリスクを理解しておこう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックまるわかり情報ステーション