ドライアイとレーシックの関連性

そもそもドライアイというのは眼の水分が少なくなってしまい、眼が乾いてしまう状態になることを言います。
レーシックは角膜を削っていくことになりますが、角膜には眼の水分を調節する神経が沢山あることからレーシック後にドライアイとなってしまうことがあるのです。

 

ドライアイというのは、目薬を使うことによって自然に症状が収まってくることでしょう。
元々ドライアイの人も適性検査をクリアすることでレーシックを受けることが出来ます。レーシック手術とドライアイについての知識をまずはしっかりと把握しておく必要があります。
実際ドライアイの人はレーシックのクリニックでいろいろと相談をしてみるようにしましょう。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。



ドライアイとレーシックの関連性ブログ:2018年06月16日

減量を成功させて、
その体型を維持するためには、
ある程度の期間をかけて
減量を行なう必要があります。

でも
色々な理由があって、
いついつまでに○kg痩せたいと言う方も
いるのではないでしょうか。

例えば…
「結婚式までに痩せたい」とか
「海外旅行で水着になるのでそれまでに痩せたい!」とか・・・

インターネットや雑誌などを見ていると、
「一ヶ月で痩せる減量」なんていう文字を
目にすることもありますよね。

一ヶ月で10キロ減量なんていう文字をみると、
つい試してみたくなっちゃいませんか?

でも健康的に減量するためには、
急激な体重ダウンは危険です。

一ヶ月で10キロもの減量をするのは、
肉体にかかる負担も大きくなってしまいますし、
リバウンドを起こす可能性も高まりますよ!

どうしても短期間で減量したい場合は、
まず連日の食べる事内容を見直してみましょう。

栄養バランスを考えた食生活を心がけ、
肉体に負担のかからない適度な運動を行なうことが、
大きな減量となります。

人間の肉体のメカニズムや痩せる知識、
そして太った原因が解っていれば、
過度な食べる事制限などをしなくても、
一ヶ月で数キロの減量は行なうことが出来ますよ。

よくある一ヶ月で○キロ減量という情報にだまされて、
危険な減量を行い、
急激に5キロとか10キロとか痩せるのはとても危険です。

リバウンドだけではなく、
太りやすい肉体になってしまったり、
健康障害を招いてしまう場合もあるので注意しましょう!